online pharmacy without script

OffTime8月号 インタビュー 医療法人 社団シマダ 嶋田病院 院長 島田 昇二郎

スクリーンショット 2018-08-02 14.47.24

Top Interview| On |

5

人生百二十年時代に対応して
さらなる救急医療の充実を

24時間365日の救急医療体制
信頼の地域住民への健康管理支援

 創業者である嶋田國重先生(理事長)が昭和37年小郡の地に開業、以来56年”困った人がいれば手を差しのべる。救急医療こそが医療の原点である”という想いを、島田昇二郎院長以下スタッフが引き継いでいる。そして現在の医療を取り巻く環境の大きい変化に対応するためにはと島田院長はスタッフに”他人を思いやる気持ち、より高い人間性、お互いの信頼関係が今こそ大切なのだ”と説く。

1
さらなる救急医療のクオリティアップをと熱く語る島田院長

平安平凡な少年時代を送る

 出身は長崎佐世保で2人兄弟の二男に生まれ、佐世保大野小学校、佐世保大野中学校、佐世保北高校と進みました。少年時代は総じて目立たず温和しく、野球が好きだったけれど、中学に野球部がないこともあり、専ら草野球でした。振り返ると特段記憶に残るエピソードもない平凡な年月でしたかね(笑)。

念願の野球部入部、祝勝会では野次将軍で頑張る

久留米大学医学部に進学し、即憧れの野球部に入部しました。6年間在籍し、ポジションはピッチャーでしたが、”ホームラン配給王”などと呼ばれ、あまり勝利に貢献することはなかったですね(笑)大学2年生で補欠の頃、雨の順延も含めて10泊11日の京都「西医体」の大会で堂々の3位。「九山医体」の大会では結構優勝していましたね。祝勝会では野次将軍として頑張ってました(笑)。その頃、先輩の方々には本当に恵まれました。

順天堂大学細田泰之教授の下研修の日々、久留米大学病院では先輩医師に恵まれた15年

 大学6年の卒業時に、現在”日本医師会会長”の横倉義武先生の勧誘で、久留米大学病院第2外科に入局しました。4年後、東京の順天堂大学胸部外科に研修医として勤務。昭和天皇の治療に携わるなど症例の多さで定評の医局で2年間、細田泰之教授のもと研鑽の日々を過ごしました。勤務後仲間と飲むことになるのですが、私は当時から酒は苦手で、それでも九州男児の血が騒ぐのか何故か宴会部長でしたね(笑)。そして帰福し、久留米大学第2外科に戻り、15年間勤務しました。その当時、筆頭講師の小須賀健一先生はじめ多くの先輩医師の方々に大いにお世話になりました。小須賀先生は今でもゴルフをご一緒するなど30年来のお付き合いになります。

嶋田理事長の”救急医療”への情熱3年かけて全面改築と「病院機能評価」取得

 大学の同級生であり、永い交際を経て結婚した妻が、当時の嶋田國重院長の長女だったことで言わば既定路線として、平成8年1月1日に嶋田病院に着任しました。そして3年後、院長に就任することになります。着任した平成8年の頃、スタッフは140名、平成30年現在480名と3倍強。病院の在り方が問われ始めた頃、つまり”慢性期”で行けと忠告されたけれど、義父である嶋田理事長の”救急医療”への強力な情熱に背中を押され、病院の全面改築に着手し、仮設スペースで診療を続けながら、3年かけて平成15年に竣工。さらにハード規格をクリアして「病院機能評価」を平成17年に取得しました。これまでの困難な時期を乗り越えた記念事業感覚で、大学の先輩医師である下河邊智久先生に引率される形で、昨年も行きましたが、2、3年に1度、10人のスタッフでアメリカに1週間滞在しています。アメリカの医療現場の視察と交流そしてスタッフとの親睦ですね。

2
穏やかで温和な笑顔の島田院長

胃ガン大腸ガンによる死者をゼロに内視鏡センター新設とICU充実

 医療の進歩スピードは速く、最新といわれる医療機器も実質5年、せいぜい10年が限度。治療、手術など医療のさらなる進化のひとつとして、胃ガン、大腸ガンによる死者をゼロにすべく、早期発見、早期治療を実現したいと内視鏡センターを新設し、ICUに力を入れたいと思っています。これからは今まで以上に地域の方々が安心して暮らして行けるよう、小郡地区唯一の救急医療として充実をはかり、スタッフも物心両面での満足感、幸福感を得られるよう進化を続ける覚悟です。

 常に患者さんファーストで寸暇惜しまず治療に勤める福田先生にはまさに”情熱”の2文字がピッタリ。

3
集中治療室(ICU)部長 福田 顕三 医師

◆取材協力 医療法人 社団シマダ 嶋田病院

住  所/小郡市小郡217番地1
T E L/0942-72-2236
院長/島田 昇二郎
診療内容/救急科・消化器外科・消化器内科・内視鏡外科・内視鏡内科・緩和ケア外科・緩和内科・化学療法外科・化学療法内科・呼吸器外科・呼吸器内科・外科・血管外科・整形外科・リハビリテーション科・形成外科・脳神経外科・神経内科・内科・糖尿病内科・循環器内科・肝臓内科・放射線診断科・病理診断科・麻酔科
外来受付時間/9:00〜12:00
診療時間/9:00〜17:00、土曜9:00〜12:00
休 診 日/土曜午後・日曜・祝日
H  P / http://www.shimadahp.jp/
4

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【必須】

ページ上部へ戻る