online pharmacy without script

OffTime8月号 インタビュー 医療法人 社団シマダ 嶋田病院 院長 島田 昇二郎

スクリーンショット 2018-08-02 14.47.24

Top Interview| Off |

5

院長就任から20年
還暦過ぎてゴルフと読書と旅行と

 平成11年院長就任から約20年、ご子息も同じ医師の世界へ。ご自身も還暦を過ぎ、子育てから解放され、ゴルフと読書と家族旅行を楽しむ日々。それでも院長として、常に最新の医療に即応すべく、アンテナを研ぎ澄ますなど、神経が芯から休まる時は無いという。

院長として何うあるべきか、稲盛和夫氏の著書と盛和塾で勉強

 若い頃はそれほど読書することはなかったけれど、病院を経営する院長としての仕事柄、”如何に人心を掌握出来るか”と、ある意味”人間学”として京セラの稲盛和夫さんの著書「生きる」に感銘し、大阪の”盛和塾”にも何年か通いました。勉強させていただきましたね。小説は司馬遼太郎作品が好きです。高揚感のあるドラマティックな内容が魅力的ですね。高校大学と特に学習していたわけではない筈ですが(笑)最近何故か”古典”に心引かれます。

1
息子さんと訪れたニューヨークにて
4
奥様の誕生日記念ボーリング大会
5
青島太平洋マラソンで完走

求道者ばかりのゴルフの日々と時折の家族とのふれあい旅

 ゴルフは子育てが終わったこともあり、健康のためと称して主に古賀カントリー倶楽部に週2回、年100回以上は行っています。医者は小須賀先生だけで、仲間はいわゆるゴルフ馬鹿ばかり。スコアメイクは仕事よりプレッシャーかかりますね(笑)。これからは国内の名門コースを巡りたいと思っています。旅行は、視察で訪れるアメリカ以外、ドイツ、フランスなどヨーロッパが多いですね。昨年は三男の息子の大学卒業旅行に同伴して初めてニューヨークに行きました。妻とは京都や金沢、飛騨高山などを訪れ、季節の景観と美味しい料理を満喫しています。

2
宮里ファミリー主催のゴルフコンペに参加
3
川奈ホテルゴルフコースで仲間と
6
久留米大学野球部の追出しコンパ(昭和55年度)

◆取材協力 医療法人 社団シマダ 嶋田病院

住  所/小郡市小郡217番地1
T E L/0942-72-2236
院長/島田 昇二郎
診療内容/救急科・消化器外科・消化器内科・内視鏡外科・内視鏡内科・緩和ケア外科・緩和内科・化学療法外科・化学療法内科・呼吸器外科・呼吸器内科・外科・血管外科・整形外科・リハビリテーション科・形成外科・脳神経外科・神経内科・内科・糖尿病内科・循環器内科・肝臓内科・放射線診断科・病理診断科・麻酔科
外来受付時間/9:00〜12:00
診療時間/9:00〜17:00、土曜9:00〜12:00
休 診 日/土曜午後・日曜・祝日
H  P / http://www.shimadahp.jp/
4

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【必須】

ページ上部へ戻る