online pharmacy without script

OffTime8月号 編集後記

スクリーンショット 2018-08-02 14.47.24

編集長/黒木 正和

 7月7日深夜KBCTVの番組“探偵ナイトスクープ”
で放映された石田靖探偵担当のコーナー“お父さんのパジャマの匂いを残したい”のエピソードである。6年間の闘病の末、53歳の若さで肺癌で亡くなった福岡の皮膚科医と残された家族の“匂い”への挑戦記である。とても良い夫であり、とても素敵な父親の闘病中、長男、長女、次女は父親のベッドに潜り込み、添い寝をしていた。父親の頑張った記憶と懐かしい匂いを残そうと、亡くなった日に着ていたパジャマを大切にビニール袋に入れて保存していた。開けると匂いが発散するので開けられない、でも開けて嗅ぎたいと葛藤の日々。無くなりつつあるパジャマの匂いを再現してもらおうと、石田靖探偵に依頼。とある香料会社が加齢臭とラベンダーなどのアロマを混合して実現。家族の欣善雀躍ぶりは感動的であった。長男は最愛の父親の“いつも人には優しくあれ”というメッセージに応えて医師への道を歩き始めている。

●Off Time発行元

ドリームシェア株式会社
株式会社コマーシャルアーツ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【必須】

ページ上部へ戻る