online pharmacy without script

OffTime10月号 インタビュー ふじもとクリニック 院長 藤本 将史

スクリーンショット 2018-10-16 13.52.45

Top Interview| On |

3

時代に即した医療サービスを
テーマは”こわくないクリニック”

誰もが安心して来院できる
ハートフルで身近なクリニックを目指す

 新潟大学医学部卒業から日本医科大学形成外科学教室で百束比古教授の薫陶を得、同大学高度救命救急センターで厳しい研修の毎日、東戸塚記念病院で望月功院長に消化器外科のイロハを伝授され、杉本季久造先生には麻酔の指導を受けるなど、その他数多くの先輩たちに恵まれ、藤本院長は「ふじもとクリニック」を開業した。現在は総括マネージャーの志乃夫人と精鋭スタッフと共に”こわくないクリニック”をテーマに地域の患者さんに寄り添った医療ケアを追求している。

1
確かな医療ケアサポートをと熱心に語る藤本院長

草サッカー、野球はリトルリーグ柔道で体を鍛え、新潟大学医学部へ

 神奈川県川崎市の鷺沼小学校、卒業して横浜の一貫校・浅野中高等学校に進みました。”キャプテン翼”世代なので小学生時代は仲間と草サッカーで遊びましたが、普段は工作大好きな少年で、ラジコンを夢中で創っていましたね。横浜のリトルリーグで野球もしてましたが、小学2年から3年と2年程でやめました。中高時代は柔道部で汗を流し、初段の実力でしたね。石になろうと思ったのは、ずっと運動をしている中でケガというものはつきものだと気付き、人間の身体の不調に対応できる仕事につきたい、人体のことを知りたいと思い、大学医学部受験に挑みました。そして、新潟大学医学部に合格しました。

6年間のラグビー部で充実のクラブライフ、かけがえのない生涯の友を得る

新潟大学では医学部のラグビー部に入学し6年間頑張りましたね。歴代の先輩にお世話になり、2年生の頃に「東医体」で優勝するなど文字通り”真剣”に。礼儀も含めて精神・肉体共にハードでしたが、それでも和気あいあいとクラブライフを満喫しました。5年生の時キャプテンを任されました。初めてのひとり暮らしを楽しみながら、この時期かけがえのない友に恵まれました。現在でも友情の輪は繋がっていますね。

日本医科大学形成外科から高度救命救急センター、そして東戸塚記念病院での研鑽の年月

 無事新潟大学医学部を卒業し、日本医科大学形成外科学教室に入局します。百束比古教授の指導にて、早い時期から執刀のチャンスがあり有り難かったですね。数多く手術をこなすうち、様々な患者さんの全身管理を勉強したいと思っていたところ、日本医科大学高度救命救急センターに出向できる制度があり、志願して行きました。そこでは4つのグループで患者さんを診療するシステムがあり、その中でも厳しいグループに所属し、1年間はほぼ毎日泊まり込みで勉強しました。就寝するのは多くは朝で、ICUのストレッチャーで寝て起きたら違う部屋に移動していたというのは日常茶飯事でしたね(笑)。そして東戸塚記念病院に移り、日本医科大学形成外科の百束比古教授の同級生だった望月功院長にお世話になり、その頃症例も多く、しっかり消化器外科のイロハを指導していただきました。さらに、手術に不可欠な麻酔も勉強しようと、杉本季久造先生のもと研修しました。都合5年間在籍しましたね。

福岡記念病院で救急科部長、おだクリニック日帰り手術外科で副院長

 横浜を離れて、「福岡記念病院」に4年間勤務しました。当初は外科だったのですが、救急車の増加に応えるべく救急科を新設することになり、私が救急科の部長に任命されました。救急科では、初期診断、初期治療がメインになります。各専門科の先生方、スタッフの皆様には本当にお世話になりました。そして、いよいよ独立して開業しようと模索していた時期、「おだクリニック日帰り手術外科」に副院長として勤務し、1年余でしたが、日帰り手術のノウハウを学ばせていただきました。一旦「福岡記念病院」救急科に戻り、本年2018年2月「ふじもとクリニック」を開業しました。

患者さんのニーズを見極め、受けとめて知的障害のある患者さんにも確かな配慮を

 テーマでもありモットーの”こわくないクリニック”を「ふじもとクリニック」は掲げています。来院される患者さんの気持ちと受け入れる医療従事者の気持ちが不一致の傾向がありがち、その溝をどうやって埋めるか。患者さんが求めているものを拾い上げ寄り添うクリニックでありたい。その意味で、総括マネージャーである妻の存在は大きいですね。”メンタルケア心理士”の資格を取得して、診察診療前後の患者さんの不安を和らげるなど、ひとりひとり丁寧にケアしてくれています。また私共には現在中学1年生の障がいを持つ娘がいますが、同じような境遇のご家族に配慮できるよう個室待合室を用意しています。患者さんのプライバシー守秘を第一に、同じ親、医師という立場で、妻共々両手を拡げ患者さんとご家族の気持ちを受けとめて使命を果たしていこうと思っています。

500
優しい笑顔の藤本院長と総括マネージャーの志乃夫人

◆取材協力 ふじもとクリニック

住  所/福岡市早良区沼代3丁目5-20
T E L/092-407-0970
病 院 長/藤本 将史
診療内容/外科/麻酔科/形成外科/小児外科/肛門外科
診療時間/8:30~12:00、14:00~17:00
休 診 日/火曜午後・日曜・祝日 第3土曜日
H  P / http://www.clinic-fujimoto.jp/index.html/
2
瀟洒な当クリニックは三井ホーム株式会社の設計施工です

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【必須】

ページ上部へ戻る