online pharmacy without script

OffTime11月号 インタビュー くまの整形外科 スポーツ&肩クリニック 院長 熊野 貴史

スクリーンショット 2018-10-29 17.56.19

Top Interview| Off |

2

フルマラソン 本のひとつの集大成
来年の”別府大分毎日マラソン“を目指す

初めての”さが桜マラソン”から気がつけば既に17本のフルマラソンを完走。モチベーションなのかプレッシャーなのか、生まれ故郷の”別府大分毎日マラソン”が来年2月に迫っていると熊野院長は少年のように頬を紅潮させ嬉しそうであった。

よりスポーツを楽しむためのスポーツ整形

 福岡大学を卒業して社会人として草野球をしていたのですが、矢張り肩が痛くて、2006年に恩師である柴田先生に右肩の手術をしてもらいました。ボールが投げられるようになり復帰したことで、より患者さんの焦れったさや辛さが解るようになりました。医師でありながら患者でもった経験から、スポーツ全般、監督やコーチに適切なアドバイスが出来ますね。

1
栄光の数々のマラソン完走メダル
2
マラソンゲートの前で記念撮影

運動不足による肥満がキッカケ、ドップリとマラソン一直線

 医師になって運動不足による肥満で体重が83kgになり、4年前からダイエット目的で、それこそウォーキングからジョギングを始めました。自宅の周囲を1km、2km、5kmと距離を伸ばしましたが”まぁこの辺でいいか”と諦める気持ちが生まれるのを抑えるために、何か確固たるモチベーションがなければと仲間の医師がやっていたマラソンに眼をつけました。先ずはフルマラソンで4時間を切ることを目標にしました。野球で鍛えた体力には自信があったので”第1回福岡マラソン”応募するも抽選で落選し、翌年2015年4月の”さが桜マラソン”に参加し、死ぬ思いで完走はしたけれど 、タイムは4時間26分(笑)それ以来17本のマラソンレースに参加しましたが、目標の4時間を切ったのは、2016年2月の”北九州マラソン”で、3時間49分のタイムでゴールしました。その後、4時間を切ったタイム資格で参加出来る 防府読売マラソンで3時間27分24秒。そのタイムで来年2019年2月、私にとって最大のモチベーション、生まれ故郷の夢の”別府大分毎日マラソン”にチャレンジするつもりでいます。いまからワクワクしていますよ。仕事以外は寝ても覚めてもマラソンですが、時には息抜きに、糸島辺りの海でチヌやキスなどを釣ってのんびりしています(笑)。

7
初めてのマラソン“さが桜マラソン”では4時間26分3秒
9
“北九州マラソン”で3時間49分3秒
8
“防府読売マラソン”で3時間27分24秒

◆くまの整形外科スポーツ&肩クリニック

住  所/福岡市城南区南片江1-29-25
T E L/092-874-7007
院   長/熊野 貴史
診療内容/整形外科/リウマチ科/リハビリテーション
診療時間/9:00 ~ 19:0 0
     ※木曜・土曜は13:00まで
休 診 日/日曜・祝日
H  P / https://kumanoseikei.com
5

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【必須】

ページ上部へ戻る