online pharmacy without script

OffTime1月号 インタビュー いとう循環器内科 クリニック 院長 伊藤 浩司

スクリーンショット 2020-12-29 15.53.33

Top Interview| On |

0U9A5368

共通の恩師に恵まれた専門医として
地域に根ざしたかかりつけ医を目指す

数多い恩人への感謝を忘れず
地域の人々への安全安心な医療を

 小学生の頃に抱いた医師になる夢を果たし、熊本大学医学部から九州大学医学部循環器内科へ。 (故)竹下彰教授には厳しい指導を受け、結婚の仲人など公私共に世話になり、九大大学院学術研究員時代には砂川賢二教授、廣岡良隆教授には各医学賞チャレンジの際大変お世話になったと語る伊藤院長。その感謝の気持ちは、開業して地域のかかりつけ医として活動する伊藤院長のパワーの源であり続ける。

0U9A5422
地域の人々の健康長寿に最大限貢献することで“安心”と“信頼”のクリニックを目指すと語る伊藤院長

小学生中学生時代は乗り鉄少年旅の中子ども達と地元の人々との交流

生まれは北九州市小倉南区で、地元の沼小学校に通学しました。小学4年生の頃には広島に始発で出発して、宮島など観光して終電で帰るといった在来線によるほとんど移動の日帰りの旅。小学6年生になってやはり在来線を乗り継ぐ北海道への旅にチャレンジしました。何とか札幌について夜行列車で網走刑務所や宗谷岬に至る一週間の強行軍で、いわば“乗り鉄”(笑)。大変でしたけど今思えば懐かしく愉快な日々でしたね。
 中学生になっても夜行列車で出雲大社、鳥取に行ったり、当時携帯電話もない時代でしたから親もよく行かせてくれたものだと(笑)。とくに北海道では、子どもだけで旅してる同士と出会い、情報交換をしたり、地元の方々から食べ物をいただくなど有難がったですね。

小学生の頃に抱いた医師への憧れで普通の高校生が医学部受験へ

高校は県立小倉高校に進学しました。厳しい校風でしたが何事もなく普通に高校生として3年間過ごしました(笑)。大学受験を考えた時、何故か小学6年生の頃の文集に“将来は医者になりたい”と書いた覚えが漠然とあり、その記憶が医学部受験への背中を押してくれたのではと思っています。高校一年の時の担任から“医学部は生半可な気持ちでは行けない”と言われたことが受験勉強への励みになりましたね。

熊本大学医学部時代に初めての部活、バドミントン部で青春謳歌

熊本大学医学部に入学し、高校生の頃には入ってなかった部活、医学部のバドミントン部に入部しました。“九山・西医体”の大会には、シングル、ダブルスで出場しましたが、成績は奮わず(笑)。それでも全体合宿や同級の自主合宿などOBや先生方との交流、仲間づくりに熱心でした。時にOBの先生方の手配で高級旅館に宿泊したその夜の宴会は盛り上がりましたね(笑)。

九州大学医学部循環器内科に入局、多くの教授、先輩医師に恵まれた

熊本大学医学部を卒業し、九州大学医学部循環器内科に入局しました。研修医として2年勤めた後、同大学院に進み医学博士号を取得しました。この時期には、特に(故)竹下彰教授には回診時に叱咤されながら厳しくも温かい指導を受けましたね。ちなみに妻は当時同病院の看護師をしていて、いわば職場結婚ですが、(故)竹下教授には仲人をして頂き文字通り公私共にお世話になりました。大学院を早期修了して、済生会福岡総合病院循環器内科に1年数カ月勤務し、当時副院長をされていた山本雄祐先生には、九大出身だけでない福大、佐賀大などの混成チームを分け隔てなく均等に指導して頂き、とても働きやすかったですね。
 次に、九州厚生年金病院で一年半。ここは、九大に入局したころの医局長だった小倉高校の先輩の毛利正博先生が部長をしていたご縁で在職中は大変お世話になりました。その後九大病院に戻り2年間研究員、九大病院救命救急センターに1年勤務しました。そして、学術研究員というポストで特任助教、特任講師として臨床から研究と充実した4年間を過ごしました。その成果として日本高血圧学会YIA最優秀賞、日本高血圧学会学術費などを受賞しました。砂川賢二教授と大学院時代からの廣岡良隆教授には大変お世話になりました。その後、JCHO九州病院で医療情報部長を3年、臨床検査科診療部長を2年、ここも毛利先生(現同病院副院長)のご縁でしたね。

令和2年9月開業”安心”と”信頼”のクリニックを目指して

令和2年9月に“いとう循環器内科クリニック”を開業しました。地域の人々の健康長寿に最大限貢献することが当院の目標です。高血圧を中心とした生活習慣病診療や心臓血管病診療など専門医としての知識・経験を活かすことはもちろん、日赤病院、済生会福岡総合病院、福岡病院、九州中央病院、徳洲会病院とのネットワークで“安心”と“信頼”のクリニックを目指します。

◆いとう循環器内科クリニック

住  所/ 福岡市南区花畑1丁目45-34 2F
T E L/092-554-1360
院  長/伊藤 浩司
診療内容/内科・循環器内科
診療時間/月~水・金 9:00~13:00/14:00~18:00
     木・土 9:00~13:00
休 診 日/日・祝日、夏季(お盆)、年末年始
H  P / https://itomedical-hcl.com
いとう外観

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【必須】

ページ上部へ戻る