online pharmacy without script

OffTime9月号 インタビュー 桜坂内科循環器科 院長 松吉 哲二

スクリーンショット 2021-09-06 10.45.34

Top Interview| Off |

0U9A3507

博多祇園山笠『大黒流』のやまのぼせ
コロナ禍で2年にわたり中止は残念

奥様の亡父が縁で『大黒流』参加 厳しい規律と人情で”山笠は人をつくる”

 
 家内の今は亡き父親が『大黒流』の重鎮だった所為で、結婚してから開業するまで毎年20年近くになるでしょうか、その季節になると博多祇園山笠にドップリ(笑)。町内で
“台上がり”させてもらったり“直会”での親睦は特別なものでしたね。
 その山笠・直会の良さでしょうか、学校では教師の言う事を聞かないやんちゃ坊主であっても、町内の山笠だけは毎年参加という子供がいました(笑)。先輩には従順で、厳しい規律と年長者の人情で“赤手拭”から最後には“取り締り”にまでなり、櫛田神社の一番ヤマで“祝いめでた”を歌ったというエピソードもありました。
 また私の母が入院していた時期には見舞いに来てくれるなど、まさに“山笠は人をつくる”ですね。コロナ禍で今年も中止なのは本当に残念。心が痛みます。
doc03438520210727154421_005
まだ幼い娘さんとのスナップ写真
doc03438520210727154421_003
颯爽と長法被姿の松吉院長
doc03438520210727154421_006
台上がり中の松吉院長

歌舞伎は中村鷹之資を贔屓、劇団四季のミュージカル、落語は立川談志

 
 演劇鑑賞、特に歌舞伎が好きです。亡くなって数年になりますが中村富十郎が好きで、66歳で生んだその息子の鷹之資のファンです。富十郎が10歳の息子に手取り足取り“勧進帳”の弁慶の所作を教えている姿が印象的でした。奇しくも鷹之資の誕生日が1999年4月11日と当院の開業日と3日違い(笑)。    キャナルシティで“劇団四季”のミュージカルを観たり、落語も好きで、立川談志がイイですね。
doc03438520210727154421_001
なかなかのナイスショット
doc03438520210727154421_004
琴欧洲(現鳴戸親方)が立ち寄った時の記念写真
doc03438520210727154421_002
鹿児島大学医学部山岳部の仲間と頂上で

◆桜坂内科循環器科

住  所/ 福岡市中央区警固3丁目6-1-2F
T E L/092-736-1700
F A X/092-736-1701
院 長/ 松吉 哲二
診療内容/内科・循環器内科・心臓血管外科・リハビリテーション科
診療時間/月・火・木・金 9:00~12:30 14:00~18:30
     水 9:00~12:30 土 9:00~14:30
休 診 日/日・祝日
H  P / https://www.sakurazaka-clinic.net/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【必須】

ページ上部へ戻る