online pharmacy without script

OffTime2月号 ことばの救急箱

kotoba_top

ことばの救急箱

晴れたり曇ったり。心の天気は変わりやすいものですが、
心とからだの声に耳を澄ましていれば、きっと大丈夫。
今月も編集部が見つけた珠玉のことばをお届けします。
やさしい言葉は、
たとえ簡単な
言葉でも
ずっとずっと
心にこだまする。
〜マザー・テレサ(修道女)
不精をしない。
ポケットに手を入れてては
何も手にとれません。
~石井 ふく子(プロデューサー)
戦いは考え過ぎては勝機を逸する。
たとえ草履と下駄とをちぐはぐに履いてでも
すぐに駆け出すほどの決断。
それが大切だ。
~黒田官兵衛(軍師)
単調とか平凡なことほど、
すごく大切な部分があるんですよ。
そう思います。
たいへんだけど、でも、最低でも生きてるわけでしょ。
それで幸せですよ。それを考えれば、
なんで頑張れないかって、そう思いますよ。
生きてて幸せじゃないですか。
それだけで、頑張ろうって気になりますよ。
やるか、やらないかですよ、人生は。
やればそれだけのものが返ってくるし、
やらなければそのままですよ。なんにもない。
~桑田 真澄(元プロ野球選手)
自分との
約束事を作って、
必ず実行しろ
ここぞって時に
力が出る
〜桜井 章一(雀士)
やってみたら、またべつの力も出てくる。
人間は変わる。
倍々ゲームみたいに、
変わった分の大きさでまた変わるから、
度合いがだんだん大きゅうなっていく。
〜田辺 聖子(作家)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【必須】

ページ上部へ戻る