online pharmacy without script

OffTime7月号 ことばの救急箱

ichach0706

ことばの救急箱

晴れたり曇ったり。
心の天気は変わりやすいものですが、心とからだの声に耳を澄ましていれば、きっと大丈夫。
今月も編集部が見つけた珠玉のことばをお届けします。
◆ 今月は、『プロフェッショナルの習慣力』森本貴義著(ソフトバンク新書)からお届けします。
イチロー選手のトレーナーを始め、シアトル・マリナーズの 専属トレーナーとして経験を積んできた著者の言葉は、確かな説得力に満ちています。
ルーティンを続けられる人とは、
ルーティンの先に理想の姿がある人、である。
自律神経をコントロールするため、
「朝のスイッチ」と「夜のスイッチ」を決めよう。
平常心を保てる人は、
「周囲からの評価」より
「効果の高いプロセスの構築」を
重視している。
「小さな目標」を
達成し続けることで、
自信も結果も生まれる。
自分の「道」をつくり
「自分にしかできない仕事」をするために、
時にはリスクを背負うことも必要。
「道の追究」には孤独がつきもの。
必要なのは「筋肉モリモリの身体」ではなく、
前向きにルーティンに取り組める
「健康な身体」である。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【必須】

ページ上部へ戻る