online pharmacy without script

OffTime8月号 社会医療法人 共愛会病院訪問レポート

ichach140801

社会医療法人 共愛会

byouinhoumon
人を支え、包む医療・福祉を
戸畑・若松地区から発信したい
14of8.00_main「常に目標は高く、欧米の医療機関のように一人ひとりがもっと自信を持って、共に明日の医療のために力を尽くせたらと考えています」。
明治45年の病院開設から、100年の歩みを誇る「社会医療法人共愛会」。
戸畑共立病院、戸畑リハビリテーション病院を中核に、クリニック、介護関連施設、健康増進施設など9つの施設を展開して〈 救急医療から在宅医療まで〉地域の連携と充実に取り組んでいる。
今回は、常に注目を集める同法人の現在と今後について、理事長である下河邉先生にお話を伺いました。

高度専門医療の追求

民間病院は、特色を出さなくてはいけません 。
戸畑共立病院では、「救急医療」「がん治療」「消化器」を柱に注力しています。
センター化による連携強化・機能分化や最新鋭の機器の導入で体制を整え、救急部門では短期の再入院率の低下対策としてHCUを増床しました。
ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)の症例数も、大腸を含めて年々増加しており、昨年は、直腸原発の悪性黒色腫の症例で早期胃癌研究会の「年間最優秀症例賞」も受賞しています。

QOL向上の取り組み

また、戸畑リハビリテーション病院においては、「地域包括ケア病棟(43床)」「回復期リハビリ病棟(94床)」「緩和ケア病棟(17床)」を併設して回復期の医療とQOLの維持・向上に尽力しています。
痛みをとるだけでなく、その人らしく体を動かすことを重視したリハビリやケアが特徴です。
ハード面でも、海外の視察を参考に、街の広場を模して車や住居も配置したリハビリ訓練室、吹き抜けのウォーキングスペース、屋外リハビリ庭園など、開放感あふれ、社会復帰後を想定した環境で患者さんやご家族に好評をいただいています。

地域のニーズに応えて

さらに、全国でも珍しく院内に併設するケアハウスをはじめ、介護老人保健施設やデイサービスセンター、訪問看護ステーションなど在宅・介護部門の充実にも力を入れています。
365日24時間断らない救急体制の確立、 高度専門医療の充実や早期リハビリテーションのさらなる追求もあわせて、今後も常に地域のニーズに応え、役割を全うしていく考えです。

「人」が集まる施設を

そのためにも、やる気のある人が集まり、様々な職種やスタッフのチームで取り組む環境づ くりは非常に重要です。
同法人では育成にも 力を入れ、海外研修では毎年、医師・看護師だけでなく薬剤師やリハビリスタッフなど、多職種で研修に行っています。
ときには仕事場を離れて、酒を飲みながら現場の話を聞くこともありますよ。
人様を預かる大変さ、相手の想いを汲む難しさ…
厳しいこともいいますが、よくやってくれていると本当に感謝しています。
検査時間の短縮でも、考えられない早さで行われるのです。
今後の医療界は改革の嵐になると予想しますが、方向性を示し、仲間たちと目標をひとつに力強く歩んでいけたらと思います。
14of8.01_サブ左上
年間約1,800件の手術を行う手術室(4部屋)。
ICUと隣接し集中治療に対応。
14of8.02_サブ右上
開放感あふれるリハビリ訓練室。
寝たきりにしないための工夫が施設の随所に。
14of8.03_サブ左下
高気圧酸素療法装置。
放射線治療・化学療法と併用しがんの集学的治療を実践。
14of8.hoiku
院内託児所。
職員旅行、共愛会保険組合など福利厚生面からも職場環境を充実。

~暮らすように療養し、安心して在宅へ~

心の通った、あたたかく寄り添う医療―。
取材陣が真っ先に感じたのがその言葉だった。
ガラス張りと吹き抜けが開放的なリハビリ空間を見下ろす1周60メートルのウォーキングスペースには、心を和ませ、勇気づけるような絵が職員の皆様の手で飾られる(写真1)。
また、緩和ケア病棟など各病棟を歩けば、季節を感じる手作りの飾りつけが目に飛び込み(写真2)、「〇〇さーん」と患者さんに呼びかける声はまるく、けっして無機質に響かない。
さらに、365日体制で提供されるリハビリテーション部には、61名の専門スタッフ(理学療法士36名、作業療法士16名、言語聴覚士7名、リハビリ補助2名)が在籍しており、介護支援相談員や認知症ケア専門士などの資格保有者は18名に及び、今年初めにはNST専門療法士の合格者も3名出た。
疾患別の在宅 復帰率が、平成25年4月〜9月の退院患者数299名のうち、約3割を占める「脳疾患」で69·7%、6割超を占める「運動器」で85·4%という実績をみても、日々の尽力は推して知るべしである(写真3)。
また、栄養科では毎月のバイキング形式のイベント食や夏恒例の氷の彫刻ショー(写真4)、個人対応食(常食・刻み食・粗トロミ食)、 保温保冷車による配膳など、細やかな心がふんだんに詰まったサービスを目の当たりにする。
誰もが老い、どこかしら病み、何らかの形でサポートや支えを頼りに生きていく時代に、その応えるあり方を模索するような挑戦が、ここで日々、行われている。
14of8.写真1
①地元の幼稚園や小中学校、絵画教室や婦人会から借りて展示。
14of8.写真2
②6月には照る照る坊主。
各棟で色を変えるのも嬉しい遊び心。
14of8.shashin_3
③入院後、退院前・後の訪問で一人ひとりの在宅復帰を支える。
14of8.shasin_4
④ひとときの癒しにと、調理師が心を込めて手掛ける氷の彫刻。

◆取材協力 社会医療法人 共愛会

14of8.05_戸畑共立病院外観
戸畑共立病院
住 所 /北九州市戸畑区沢見2丁目5番1号
T E L /093-871-5421(代表)
院 長 /下河邉 正行
診 療 科 /内科、消化器科、呼吸器科、循環器科、外科、整形外科、脳神経外科、泌尿器科、眼科、皮膚科、麻酔科、リハビリテーション科、精神科、放射線科、歯科・歯科口腔外科
施設基準等/地域医療支援病院、福岡県指定がん診療拠点病院、日本医療機能評価機構認定病院(Ver.6)、救急告示病院、へき地医療拠点病院、管理型臨床研修病院 他
病 床 数/218床
14of8.06_戸畑リハ病院外観
戸畑リハビリテーション病院
住 所 /北九州市戸畑区小芝2丁目4番31号
T E L /093-861-1500(代表)
院 長 /剣持 邦彦
診 療 科 /リハビリテーション科、内科、麻酔科、ペインクリニック内科
施設基準等/日本医療機能評価機構認定病院(Ver.6)
病 床 数/154床
グループ施設
健診センターとばたクリニック、明治町クリニック、介護老人保健施設あやめの里、住宅型有料老人ホームサンセリテ明治町、あやめ在宅ケアセンター、あやめ訪問看護ステーション、あやめヘルパーステーション、あやめケアプランサービスステーショ ン、ケアハウスあやめ、明治町デイサービスセンター、メディカルフィットネス戸畑、あやめレンタルサービス
H P /http://www.kyoaikai.com/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【必須】

ページ上部へ戻る