online pharmacy without script

OffTime11月号 医療法人 嘉武医院病院訪問レポート

ichach05

医療法人 嘉武医院

名称未設定-2
何でも話せる関係を大切に、
地域の健康や安心を支えたい。
00_main
「ご来院いただく患者さんの信頼を裏切らない医療、温かく、誠実で丁寧な医療を、日々めざしています」。
西鉄バス停「若園南町」より徒歩3分―
小高い丘の上、木々に囲まれた山荘のよう な外観が目印の「医療法人 嘉武医院」。
昭和38年の設立以来、「安心して診てもらえる」と紹介や口コミからのご来院も多く、現在は外科、消化器内科、小児科、リハビリテーション科を標榜して、地域医療の充実に邁進される同院について、院長の原田先生にお話を伺いました。

ご家族ぐるみで診療

スタッフ10名、小児科医の妻と一緒に、かかりつけ医として、周辺地域の方々の健康管理や相談に加え、若い世代の家庭医として頑張っています。
親御さんが内科でお子様が小児科、と同時に診療でき、お子様が中学生、高校生と成長して怪我をされた時も、ここで外科治療ができる点など、とても喜んでいただいています。
また、先代の頃より通院いただくご高齢の方も多く、待合室が〝地域コミュニケーションの場〞のようになっているのは、とても嬉しいですね。

正しい知識と理解

開業当時は、すぐ眼の前の薬局と共同で、地域の方を集めて健康教室も開催していました。
生活習慣病である高血圧や糖尿病、消化管・呼吸器疾患、睡眠障害、骨粗鬆症など、毎回、テーマを決めて取り上げ、スタッフと工夫してお話していたのです。
病名は知っていても、本当の病態を理解されていないために、誤った知識や無責任なアドバイスに振り回されるケースをなくしたい、という想いがきっかけでした。
現在は、一通 りポピュラーな病気について開催した過去の内容を冊子にして、配布しています。

対等な関係を追求

また、かかりつけ医としては、早期発見も重要です。
当院では、上部消化管電子内視鏡や胃透視、下部消化管電子内視鏡、大腸透視の検査に加え、エコーやMRI装置を使った検査を行っています。
さらに、診療ではスタッフ、患者さんとの対等な関係を大切にしています。
上から目線でなく、信頼関係をもとに、対等に何でも話し合えることで、的確な早期診療につなげるのです。
わかりやすい言葉で、患者さんの求めていることに応える説明や、丁寧で思いやりのある処置も、基本だと思います。

チームとして成長

嬉しいことに、いつもと様子が違ったり、具合が悪そうな患者さんには、スタッフが受付や待合室で声を掛けたり、様子を教えてくれるんですよ。
特にご高齢の方は、遠慮して口にされない方も多いので、大変助かっています。
私がスタッフに求めることは、正直であること、自分の仕事に誇りを持つこと。
一人ひとりのやる気や能力や想いを、今以上に、「チーム」として生かす環境を用意することで、さらに地域の皆様にとって良い医療の提供ができれば…と考えています。
01左上-_外観
癒しや温かみにあふれる外観。
窓から待合室の様子がみえる安心感も好評。
02右上_待合室
高い天井に大きなソファが人気の待合室。
絵本や手描きのイラストにも和む。
03_左下リハビリ室
陽射しの明るいリハビリ室。
春には窓一面の桜が、患者さんの回復を応援。
04_右下健やかだより
健康教室の内容をまとめた「丘の上健やか教室だより」。
日常の注意も詳しく。

~親子二代でつなぐ医療のリレー~

ここでは、開業医となられて15年―。
院長先生ご自身の、歩みや想いをご紹介します。
●医師を志したきっかけ
高校時代は、コマーシャルがつくりたかったんです。
撮影関係に憧れていて、芸術学部を志していましたが、あえなく挫折。
そこへ、 父から「一緒に頑張らないか、そこからまた考えていいじゃないか」と誘われ、少し回り道をして(笑)
医療の世界へ入りました。
●懐かしい医院への道
大学を卒業後、外科医として、久留米大学 第一外科学教室へ入局。
その後、国立東京第二病院(現在の東京医療センター)、福岡県立朝倉病院を経て、社会保険田川病院に勤務していた頃に、父が倒れまして。
当時の上司に「時々は、手伝いに行ってきなさい」と言っていただいて、久々に訪れましたら、自分が小さな頃から知っている人生の大先輩方が、口々に「戻ってこい」といわれるのです。
元々、父は一代限りの予定で、私としてもこれから手術もたくさんできるところで、非常に葛藤や後ろ髪をひかれる思いもあったのですが、最終的に継ぐ決意をしました。
●父から受け継いだもの
院長に就任当初は、父も一緒に診療をしていました。
よく、父の顔をみたいといって患者さんがこられていたのを覚えています。
また、 その昔、開業医も手術をしていた名残で、私は父が病棟やオペ室を抱え、看護師を助手に胃切除等の手術をしていた背中をみて育ちました。
当時手術した患者さんが、今も通院していただいています。
そんな一つひとつが、指針となって胸にありますね。
父としては、決して私に満足していないでしょうが(笑)。
●これからの夢
上でもお話したように、スタッフとも、患者さんとも信頼関係の上に、対等の立場で遠慮せずに話ができる環境を大切に、こつ こつと、着実に、地域のお役に立てればと思います。
pickup_上
先代の植えた桜。
毎年優しい花が咲く。
S38-開業前 航空写真
開業当時の1枚。
今後も地域と共に月日を。

◆取材協力 医療法人 嘉武医院

05_外観代わりに集合
住所/福岡県北九州市小倉南区南若園町7-23
Tel/093-962-1288
院長/原田嘉和
診療科目/ 外科・小児科・消化器内科・リハビリテーション科
診療時間/(午前)9:00~13:00(午後)14:30~18:30
※水曜日は9:00~12:00(午後休診)、土曜日は9:00~13:00(午後休診)
休診日/日曜日・祝祭日
職員数/12名
駐車場/15台

NEWS

IMG_1113
先日、庭の銀杏を集めました。
みんなで銀杏ごはんが楽しみです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【必須】

ページ上部へ戻る