online pharmacy without script

OffTime2月号 ことばの救急箱

offtime201502pdf-14

ことばの救急箱

晴れたり曇ったり。
心の天気は変わりやすいものですが、心とからだの声に耳を澄ましていれば、きっと大丈夫。
今月も編集部が見つけた珠玉のことばをお届けします。
◆今月号は、作家、山本周五郎の著作から珠玉の言葉を集めた
『泣き言は言わない』(新潮文庫)より、お届けします。
人間が大きく飛躍する機会は
いつも生活の身近なことのなかにある。
- 尾花川 -
心に傷をもたない人間が
つまらないように、
あやまちのない人生は
味気ないものだ。
- 橋の下 -
人間はその分に応じて
働くのが当然である。
人間と生まれてきた者には、
死ぬまでにやりとげられるか
わからないほどの、
それぞれの仕事を負っているのだ。
- ながい坂 -
他の千万人にとっては些細なことでも、
或る一人にとっては一生を左右するような場合がある。
- あだこ -
話だけを聞いて人のよしあしを云うもんじゃないよ、
人間にはみんなそれぞれの事情があるもんだ、
その人の心の中へはいってみなければ、
本当のことはわかりゃしない。
- 枡落し -
土というものは
耕す者の心をうつす
- 萱笠 -

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【必須】

ページ上部へ戻る