online pharmacy without script

OffTime8月号 特集 世界の秘境からやってきた。「Made in 大川」家具

大川家具

世界の秘境からやってきた「Made in 大川」の一枚板。

さまざまな厳しい環境を生きてきた国内外の樹木たち。
ありのままの姿を生かした一枚板を、大切に届ける人達と
『アトリエMOKUBA 天神ギャラリー』で出会いました。

店長

店長 高島 将矢 氏

若きホープとして、大川で暮らし、一枚板と真摯に向き合う

 ずっと前から気になっていたホテル天神プレイスの一階にあるギャラリーを取材させていただきました。縦向きの一枚板がずらりと並ぶ様は、圧巻。遠巻きに眺めていると、にこやかな笑顔をうかべた店長の高島将矢さんがギャラリーの模様替えの手を休め、応対してくださいました。「うちでは、丸太の仕入れから製品づくりまでの全工程を自社で管理・製作しています。それは、家具産地として長い歴史を持つ大川だからできること。それぞれの分野に精通した職人や設備が揃っているので、コストを抑えつつ質の高いものを提供できるのです」。全国に8店舗展開しているギャラリーの中でも天神ギャラリーは医療従事者のお客様も非常に多いとか。この品揃えを見れば納得です。「天神ギャラリーは、東京の青山プレミアムギャラリーと並ぶハイクオリティなラインナップで、納品先は由布院や糸島などの別荘地に納めることも多いですね。他にも企業様の会議室や談話室。医療関係でしたら、長崎のある心療内科のドクター様もこちらにご来店いただき、大川の工場までご案内致しました。当初、ユニークなトチの一枚板を診察室用に購入される予定でしたが、受付と診察ルームの2ヶ所に同じ丸太で作った一枚板をそれぞれに置いていただきました。患者さんと対面する診療空間では、まっすぐじゃない形の一枚板の方が、患者様がリラックスして話ができるというのが選ばれた理由のようです。何より木の温もりが院内にあると、ほっとできると喜んでいただきました」。

みんな違う、それが自然。

ひとつひとつ木目も違う。生息地も辿ってきた道のりも異なる樹。アトリエMOKUBA全体では約100種もの木を取り扱っているそうです。それにしても、ゆったりとした雰囲気の中で一枚一枚異なる表情の一枚板を眺めていると、かつて世界じゅうのどこかで彼らが悠然と立っていたであろう姿を思い描くことができます。「一枚板を立てて展示しているのも、もともと木が立っていた自然の姿を再現したかったからなんです。他のギャラリーと違って、天神ギャラリーでは枚数を絞って一枚ずつきれいに展示することで、お客様が最良の一枚板と出会える空間であることを大事にしています。実は私が大川在住なので毎日、出勤前に大川の工場に寄って良い板があればギャラリーに仕入れてきます。現場の職人と密に話して、自分の目で見て、妥協しないで厳選した一枚板を仕入れる。だから自信があるものしか置いていません。サイズ感や仕上げの質感などお客様の要望や、部屋の雰囲気を想像しながら、その思いを工場の熟練した職人へと届ける、それも私たちの大事な役割だと思っています」。 一枚板に触れながら、「仕入れた丸太は、乾燥のため2〜3年ねかせます。どれも樹齢数百年を超す木ですよ。なかには樹齢1000年の屋久杉も」と嬉々として説明してくれる高島店長。その眼差しは、樹木への真摯な想いにあふれています。木を同じ生き物として親しく感じているのがわかって、こちらまで嬉しくなる。「同じ丸太からとっても、一枚として同じ表情はありません。また、使い込む程に味わいが増していくので、愛着もわくと思います。お忙しい医療従事者の方々でも、気に入った一枚板のテーブルを置くことで家族や仕事仲間の皆と団らんしたり、豊かなコミュニケーションが生まれたりするんじゃないかと思います。近日、クリニックを数院経営されている医療関係のオーナー様のセカンドハウスに一枚板を納品させていただくことになっています。自分の愛着のある一枚が、また違う土地で新しい人生を始めるわけですから、嬉しいですよね」。すくすくと成長し、大切に見出され、高い技術をもった職人の手でていねいに加工された樹木の命を一枚板として受け継ぐ。なんと幸せなことでしょう。天神ギャラリーで過ごした1時間、何だか森を散策したような爽やかな気持ちになったのでした。
差替えTENJIN1647
社長

株式会社関家具 代表取締役 関 文彦 氏

昭和17年4月17日生まれ。木とふれあい続け、家具一筋60年。子供のような無邪気さと“火の玉のような”行動力で世界じゅうの秘境を飛び回る。生産から販売まで一貫体勢で届ける一枚板は、そんな関氏が長年温めてきた夢だった。木に詳しい社員が入ったのを機に、メイドイン大川の一枚板事業として「アトリエMOKUBA」を立ち上げる。

P0405-left-1
P0405-left-2
P0405-left-3
3月30日よりNHKにて放送がスタートした、連続テレビ小説「まれ」にて、アトリエ木馬の一枚板や、特注品として製作した火鉢などが使用されています。一枚板・火鉢は主人公やその家族たちが集まる団らんの場所として登場しています。ぜひご覧ください。
P0405-left-4

[ 天神ギャラリー ]
住所/福岡市中央区今泉1-2-30 天神プレイスイースト 1F
TEL/092-717-8500 
FAX/092-717-8501 Open/11:00〜19:00
Closed/年中無休
HP/http://www.sekikagu.co.jp/mokuba/
[博多ギャラリー]
住所/福岡市博多区住吉2-1-1
パークアクシス博多 1F・2F 
TEL/092-283-3126 
FAX/092-283-3127
[ 大川ギャラリー(本店) ]
住所/福岡県大川市幡保172-3  
TEL/ 0944-88-3511
FAX/0944-88-0230

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【必須】

ページ上部へ戻る