online pharmacy without script

offtime1月号 ことばの救急箱

kyukyusha-eyecatch

ことばの救急箱

晴れたり曇ったり。
心の天気は変わりやすいものですが、心とからだの声に耳を澄ましていれば、きっと大丈夫。
今月も編集部が見つけた珠玉のことばをお届けします。
◎今月号は『杉浦日向子の食・道・楽』(新潮社)よりお届けします。
江戸のころ、「闘病」という
言葉はなく、「平癒」といった。
闘病が、撲滅駆除の叩き出しで、
平癒が、来訪メッセージに
歩み寄る示談ではないだろうか。
オトナに必要なものは憩い。
 憩うとは「ひとり」を楽しむ時間のこと。
 他人任せの温泉ツアーや、
有名シェフの晩餐会でもない。
 予約やチケット無しに、
ずっと身近に、日常の中で、
 自分自身を和ませなくては。
きょうも、あしたも、
美味しく食べて、
美味しく呑もうね。
酔いたいから呑む。
酔わないくらいなら
呑まぬがまし。
酔って心身に隙間ができて、
そこに心地よい風が通る。
高杯で屠蘇を、
染付でひやおろしを。
 その合間に板わさを。
 つつがない正月の、
つつましいハレを、
 黙してすごす、ひととき。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【必須】

ページ上部へ戻る