online pharmacy without script

offtime3月号 ことばの救急箱

eyecatch

ことばの救急箱

晴れたり曇ったり。
心の天気は変わりやすいものですが、心とからだの声に耳を澄ましていれば、きっと大丈夫。
今月も編集部が見つけた珠玉のことばをお届けします。
◎今月は、歌人・竹内亮さんの「タルト・タタンと炭酸水」
(書肆侃侃房)より
冬の名残りを残す春の短歌をお届けします。

キャベツ色のスカートの人立ち止まり風の匂いの飲み物選ぶ
生まれつき善き人のよう色白の額に降った雨は弾かれ
一本のフライドポテト落ちていた電車で白い紙片を開く
真夜中の気温0度の星空に光しずかな一人の帰宅
花の下を歩いたときのなぞなぞの答えを君は今も言わない


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【必須】

ページ上部へ戻る