online pharmacy without script

OffTime2月号 インタビュー 高森整形外科・内科・歯科 理事長 整形外科医 高森 義博

アイキャッチ

Top Interview| On |

_MG_4588

創業38年の老舗医院の想い出と共に、
新生高森整形外科・内科・歯科スタート

恩師内藤教授への尊敬を形にして
脊椎治療の一貫システムを構築

「医院を改築したそもそもの意図は、ただ建物が老朽化したからではない」と、高森義博先生は口元を引き締める。「恩師内藤教授の鶴の一声で学んだ脊椎専門医療のスキルをフル活用して、手術からリハビリそして退院まで、一貫したシステムと最新の設備で、患者さんに応えていきたいからです。」さらに続けて「福岡大学時代の同期・白地先生と共に、脊椎専門外科として福岡西区の中心的な存在になれればと思っています」と、熱く語る。

_MG_4403
熱く抱負を語る高森 義博先生

医師になる運命を背負って誕生する

 今でこそ姉達3人もそれぞれ医師になっていますが、待望の男の子として生まれた私は、医師だった父の跡を継ぐべく、医師になる運命の一本道、しっかりレールが敷かれていました。そういった環境への反抗心もあり、中学時代は少しグレましたね。テストで故意に0点をとったりするなど、世の中を斜めに見ている自分がいました。それでも、小学生の頃、釣りを教えてくれたり折々の場面で、父の私への愛情は心の深いところで感じていたので、自ら医師になる決心をしました。

内藤教授と出会って脊椎専門医師になる

 福岡大学医学部を卒業し、平成14年に同大学病院の医局に整形外科医師として入り、研鑽を重ね、5年目に大学院に進みます。そして、私の医師人生を決定づける事件が起こります。それは、股関節専門の内藤教授の所へ大学院入学の挨拶に行った時、突然「脊椎」を手伝ってくれと言われたことです。股関節を研究するものだとばかり思っていたのでビックリしました。それがキッカケで、私は脊椎の専門医師になるわけです。大きなターニングポイントですね。

亡き父の遺志を継ぎ医院を手伝う

 大学院3年目の時、父が急死しそのショックが癒えぬまま、内藤教授の許可を得て、実家の医院を週に4日手伝うことになります。大学院を4年で卒業し実家に戻る予定でいましたが、内藤教授に脊椎専門スタッフとして残れと言われ、それから4年半勤務し、平成26年3月にその任を解かれ独立の許可を得ることができました。大学院から約9年、脊椎専門スタッフとして、内藤教授に師事できたことは幸運であり名誉なことと感謝しています。私にとって人生最高の指導者です。

勤務初日、天井が崩落する

 平成27年4月1日、心機一転これから頑張るぞと意気込んでいた初日の昼休み、あろうことか診察室の天井の屋根が崩落したのです。驚きましたが、これは神様が医院を建て直せと告げられているのだと、築38年と老朽化していることでもあり、思い切ってこの年の10月に改築に着工しました。平成28年10月末に竣工ですからまだ3か月。改築中も使用可能なスペースで診療は続けていましたが、気分一新、さらに医療の道を邁進したいと思います。

_MG_4415

いつも爽やか笑顔

◆高森整形外科・内科・歯科

住 所/福岡市西区橋本1-10-35
T E L/092-811-3236
理事長/高森 義博

診療内容/
整形外科、内科、歯科、リハビリ

診療予約/
【整形外科】9:00~18:00、水曜日9:00~12:00、土曜日9:00〜13:00
【内科】9:00~17:00、水曜日9:00~12:00
【歯科】9:00~18:00、水曜日・土曜日9:00〜13:00
【リハビリテーション】9:00~19:00、水曜日9:00~15:00、土曜日9:00〜13:00

休診日/
【整形外科、歯科、リハビリテーション】日曜日、祝日
【内科】、土曜日、日曜日、祝日

駐車場/20台
H P/http://www.takamorigeka.com/

_MG_4553
_MG_4548_MG_4560

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【必須】

ページ上部へ戻る