online pharmacy without script

OffTime12月号 インタビュー 井上皮ふ科 形成外科 理事長 井上 和彦 院 長 井上 義彦

スクリーンショット 2017-12-02 17.26.03

Top Interview| Off |

0U9A4740

偶然が重なって始めたトライアスロン
いまでは家族のメモリーファクターに

井上院長にとってのトライアスロンは、平日は早朝(4時30分起床)から、診療の休憩時間と週末の練習で汗を流し、出場した大会で完走し記録が出た時の歓喜、その後の美味しい酒、何より、時間のマネージメントが巧妙になり、仕事や家族とのふれあいにも役立っているという。

たまたまの機会が重なってトライアスロンドクター誕生

 
 趣味といえば、トライアスロンですが、キッカケは8年前久留米大学から派遣された大牟田市立病院で、たまたま市の労働組合主催の駅伝大会にチームの一員で出場し、一区を任され、強敵の消防士に勝ち、たまたま息子の幼稚園の運動会で、若いお父さん達にも勝ったことで、まずランニングに自信を持ったことですね。それから、体型を維持すること、何より旨い酒を呑むためにランニングを続けています。2013年の第一回熊本城マラソンに参加し、初めてのフルマラソンで4時間を切りました。しかし、それで足を痛めてランニングが駄目な時、たまたま後輩がハマっていた自転車に目を付け、自転車屋さんでロードバイクを購入するのですが、そこの店主に、ランニングもしてバイクもするのであれば、あと水泳の一種目でトライアスロンだと言われ、小学生の頃のスイミングスクールを思い出しました。見渡すと回りにトライアスロンをしている者がいないと、チャレンジすることになり、初心者として本屋に行って関連の専門書を買い、研究してエントリーに漕ぎつける方法がわかりました。それから、いろいろな大会に参加して楽しんでいます。

21106434_1930009500573540_3856047119546267284_n
世界選手権ゴール手前でカナダ国旗を振る息子さん(三男)
21150426_1930009280573562_9065792577079815280_n
世界選手権スタート会場の視察

2017年カナダトライアスロン世界選手権日本代表で出場し完走する

 2016年6月、五島で開催されたミドルのレースで、年代別(40~44歳)の部で2位(総合でも252人中13位)になり、40歳代の日本代表として世界選手権の出場権を獲得しました。そして2017年8月下旬に一週間かけて世界選手権の開催地カナダのペンティクトンで完走。外人選手に、男子はもちろん女子選手にもガンガン抜かれ、改めて吉田沙保里や萩野公介などの日本人アスリートをリスペクトしましたね。

21192752_1930009227240234_8223907991962201436_n
最終種目(世界選手権)ランニングでゴールを目指す
21150008_1930009360573554_4249221912600820487_n
世界選手権会場近くでピースサイン

ロッキー4の〝ウィ・キャン・チェンジ〟は仕事とトライアスロンのカンフル剤

 一番好きな映画は「ロッキー4」です。冷戦時代のロシアの選手との試合。相手は最新のトレーニングマシン、ロッキーは山に籠り原始的なトレーニング、まるで養殖魚と天然魚。ロシアというアウェイで試合をし、最後には現地の観客のハートを掴んで逆転勝利しますが、感動したのは試合後のインタビューでロッキーが発した〝ウィ・キャン・チェンジ″そして〝エブリバディ・チェンジ″。最初に観たのは中学校2年生ですが、折にふれて、そのコトバが甦りますね。今でもトレーニング中に観てます。
 最後になりますが、言うまでもなく人生の優先順位は家族と仕事であり、トライアスロンはそれを邪魔しない範囲で遊んでいます。

36988773175_94b9b2f810_h
さあ、ゲームの始まり、スイミング
36179935673_99bf1e0050_h
颯爽と世界選手権バイクレーススタート
IMG_8030
五島での世界選手権選考レースで
2位の表彰盾など各大会の完走メダル

◆井上皮ふ科 形成外科

住  所/大野城市東大利2-4-16
T E L/092-573-7954
理 事 長/井上 和彦
院  長/井上 義彦
診療内容/皮膚科・形成外科・往診・訪問診療
診療時間
●院長  
 火・金 9:00~12:30、14:00~17:50
 月・水 9:00~12:30 午後は手術、往診
 木・土 9:00~12:50
●理事長
 月・水 9:00~12:30、14:00~17:50
 火・金 9:00~12:30
 土   9:00~12:50
休 診 日/木・土曜日午後、日・祝祭日
H  P/ http://inouehifuka.com

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【必須】

ページ上部へ戻る