online pharmacy without script

OffTime4月号 インタビュー  国立病院機構 福岡病院 名誉院長 西間 三馨

スクリーンショット 2018-04-04 17.51.22

Top Interview| Off |

0U9A0416

“晴釣雨読”を理想に
伯父さんから引き継いだアレコレ

 八幡製鉄所のたたき上げの工場長だった伯父(西間先生の母の兄)さんに、実の子以上に可愛がられ、大学生になった西間先生にとって、釣り、将棋、麻雀、クルマなど教えてもらい、終にはライバルとなり真剣勝負をしたが50歳で胃癌でご逝去。この伯父さんの豊かな愛情を受け「人の背を見て育つ」を実感したことで、西間先生は精一杯医師としての人生を歩き、趣味もしっかり引き継いでいる。

巨大なカンパチ狙いで八丈島へ

 
 「晴釣雨読」、津波の心配がなければ、眼前は海、背後は川、そんなところでのんびり釣糸を垂らしたいものですね。これまで10年間、巨大カンパチ狙いで八丈島に行っていたけど、往復20万円程かかるのに、今までの釣果は4キロと8キロの中型獲物。今年は手頃な釣旅に切り替えて、壱岐にしました。4月にはアレルギー学会の釣りクラブの会長権限で佐賀大学の定年を迎えた医学部長と一緒に、5月には東京から一人来福させて、7月は新潟から2人を加えてフルメンバー5人で楽しもうと予定しています。

turi
八丈島で念願のカンパチ、釣ったドォ

気の許せる誰かと一杯のよろこびを

 
 医師になってから我流で硬式テニスをたのしんでいましたが、右左と連続してアキレス腱を切断し、懇意にしている整形外科医から散々怒られて泣く泣く止めました。また、独りではなく気の合う誰かと酒を飲むのは良いですね。だから東京は最低でも一泊します。福岡よりも贔屓にしている飲み屋は多いかもしれません。それにしても近頃は、釣り仲間も麻雀仲間もあの世に次々と去って寂しい限りですね。

nisimakai
第19回西間会

gaikan

◆国立病院機構 福岡病院

住  所/福岡市南区屋形原4-39-1
T E L/092-565-5534(代)
F A X/092-566-0702(代)
院  長/岩永 知秋
診療内容/呼吸器内科・アレルギー科・リウマチ・膠原病内科・
     循環器内科・心療内科・睡眠センター・小児科・
      外科・皮膚科・耳鼻咽喉科・歯科・放射線科
診療時間/通常診療日:月〜金(8:30〜11:00)
     午後の受付時間はHPを確認して下さい。
     紹介患者のみ:土曜(8:30〜11:00)
休 診 日/日曜・祝日、年末年始(12月29日〜1月3日)
H  P / http://www.fukuoka-nh.jp/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【必須】

ページ上部へ戻る