online pharmacy without script

OffTime3月号 インタビュー たかお整形外科 院長 髙尾 恒彰

スクリーンショット 2022-03-22 14.06.01

Top Interview| On |

0U9A5251

先進医療にアンテナを鋭敏にして
目指すのは地域住民の健康寿命延伸

脊椎・脊髄治療のエキスパートとして
受診して心が晴れやかになるクリニックを

祖父 都田恒夫の影響で整形外科医を志し、九州大学整形外科では杉岡洋一教授、岩本幸英教授、中島康晴教授、九州大学大学院では岩城徹教授、特に総合せき損センターの芝啓一郎先生には公私共にお世話になり、望外の恩師に恵まれたことは幸運であり改めて感謝しかないと語る髙尾院長。それに報いるには地域の人々のかかりつけ医として、元気に生活できる健康寿命を延ばすことが使命だと熱く語った。

0U9A5317
かかりつけ医として、最善の治療を提供すると真剣に語る髙尾院長

祖父の無念を晴らすべく医学部受験、さらに祖父の手先が器用な遺伝子を引き継いで整形外科医を選択

生まれは地行、まさに現在医院のあるこの場所です。ここから地元の南当仁小学校、西南学院中学に通いました。高校は久留米大学附設で、一年目は寮生、二年目は通学、三年目は下宿を体験し、成績に住居は関係ないと痛感しましたね。通学時、久留米駅から自転車を利用するのですが、いつも何故かサドルが無くなって立ち漕ぎでした(笑)。
 医学部受験を決めたのは、祖父の影響が大きいですね。九大整形外科在籍の祖父が開業しようとした際、戦後の混乱期に土地購入上の詐欺に遭い、開業断念。失意のうちに60代で亡くなったその無念を晴らすべく子ども心にその意思を継ごうと漠然と考えてました。
 また、小学生の頃、棒を振り回すワンパクな弟に追いかけられて塀から転落し右腕を骨折。松田整形外科で綺麗に治療していただきました。松田先生への感謝の思いから、その道に進む決意をしました。それに陶器の置物や掛け軸、絵画など多数の作品を残した祖父と、宝飾店を経営し宝石加工など細かい作業を得意としていた父の手先の器用さも遺伝したのかもしれません(笑)。

熊本大学医学部から九州大学整形外科へ、総合せき損センターでの黄金の日々

熊本大学医学部に進み、天気が良いと講義の合間に天草でウインドサーフィン、夜は熊大極真空手道場で修行し、さらに新聞部に入りました。顧問の高月清先生はATL(成人T細胞白血病)を発見したことで世界的に著名で、その偉業に感銘を受けました。卒業後、九大整形外科に入局。九州医療センターに赴任した一年目は、関節リウマチ専門の近藤正一先生にお世話になり、三年目は九大神経病理学教室で、当時ヤコブ病流行の頃で、岩城徹教授のもと病理解剖に取り組み脊椎椎間板の研究で博士号を取得しました。医師歴としては福岡市民病院、下関市立中央病院、飯塚病院、済生会八幡病院で関節疾患、外傷を多数経験。
 最終的にその当時日本唯一の脊髄損傷に特化した「総合せき損センター」に約15年勤務。芝啓一郎先生に脊髄損傷治療のノウハウを伝授され、1,000名以上の患者さんの手術を行ってきました。
 終業後は、医局前のベランダでビール飲みながらの反省会。夜中の三時頃には芝先生恒例の人事のはなし(笑)。時には飯田高原にある祖父が建てた高尾山荘に行き久住山に登り、源泉かけ流し温泉につかり、焚き火を囲んで飲み会(笑)。公私ともお世話になった芝先生も三年前に他界され、ポッカリと心に穴があいた状態です。また、せき損センター院長前田健先生のすすめで米国ワシントン大学セントルイス校に留学し、Riew、Lenke先生より側弯症など脊椎外科の最先端治療を学び、毎年2回程国際学会で研究発表を行ってきたことも財産となっています。

アメリカ国際学会での口演
アメリカ国際学会での口演:シカゴにて

コロナ禍最中に開業、患者さんに寄り添った診療を

新型コロナが流行り始めるまさにその頃2020年3月4日に、手術以外の方法でも患者さんを治したい、早い段階から治療開始することで重症化を防ぎたいとの思いで開業しました。例えば骨粗鬆症の場合、骨密度を測定し適切な加療を行うことで、寝たきりの原因となる大腿骨頚部骨折を未然に防げます。卒後24年と多くの経験を積んだ分、本当に手術が必要かを見極め、最善の治療法をご提案できると自負しています。それでも手術が必要と考えられる患者さんは、諸岡整形外科病院に協力していただき私が執刀しています。麻酔科標榜医でもあり、神経ブロックによるペインククリニック治療も可能です。
 さらにリハビリ科にはスポーツ障害などを専門とした理学療法士が多数在籍し、子供向けのストレッチ教室、健康運動教室なども開催し好評を博しています。
 また薬剤師として妻も手伝っており、スタッフは和気あいあいで患者さんにもその良さが伝わっていると思います。

◆たかお整形外科

住  所/ 福岡市中央区地行3-1-24(マークイズももちペイペイ福岡ドーム近く)
T E L/092-753-9119
院 長/ 髙尾 恒彰
診療内容/整形外科
受付時間/9:00~12:30(木・土曜は13:00)/14:30~18:00
休 診 日/日・祝日、木・土曜午後
H  P / https://takao-seikei.jp//

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【必須】

ページ上部へ戻る