online pharmacy without script

OffTime7月号 | Our Off Time | おばた内科クリニックの皆さま

スクリーンショット 2018-07-09 12.58.25

| Our Off Time |Staff Interview

揺るぎない“信頼”を目指して
笑顔を繋げるリハビリサポートを

 尾畑十善院長の確かなリハビリテーションの充実を担う5人の精鋭リハビリスタッフたち。板井リハビリ部長を中心に、その絶妙なチームワークは通院される患者さんにとって頼もしい限りである。それぞれ座右の銘や好きなことばは、●井の中の蛙大海を知らず/板井さん●僧帽筋/今村さん●何も咲かない寒い日は下へ下へと根を伸ばせ、やがて大きな花が咲く/松原さん●誠心誠意/関さん●雨垂れ石を穿つ/平原さん、と個性的で、何よりひまわりのような笑顔があたたかい。
13

板井 幸太 さん(リハビリ部長・作業療法士)

15

今村 圭佑 さん(理学療法士)

12

松原 将司さん(理学療法士)

14

関 由起 さん(理学療法士)

11

平原 大輔 さん(作業療法士)

16

<

-現在の職種になろうとした動機は。

板井さん リハビリを頑張っていた祖母と接する中で、ある時”人はすべからく手に職を持たなければ“と語った祖母の勧めもあり、作業療法士の道を選びました。

関さん 小学生の頃から毎年開催される車椅子マラソンの応援をしていて、それに関わっているボランティアの人や選手の講演を聞く内に、病気やケガをした人達のために出来ることは何かと思ったことがキッカケです。

松原さん 高校時代、ケガをした後輩を競技会に間に合わせようと懸命に素人ながらリハビリで出場させた時に”人の力ってすごいなぁ“と思ったこと。単純ですかね。

今村さん ボクはまさにケガをしたスポーツ少年(笑)。治療中、実体験でリハビリを受けて大いに興味を持ちました。

平原さん 祖母の通院に付き添うことが多く、医師や看護師など医療従事者と頻繁に関わることで、人をサポートする仕事に憧れるようになりました。

-日常生活で「時短」していることは。

平原さん 独身ですので自ら料理をしています。休日にできるだけ作り置きしています。電子レンジはイイですね(笑)。

今村さん 自分で決めたタイムスケジュールに忠実ですね。入浴も浴槽につからずシャワーで済ませます。

松原さん 職場への通勤着はオシャレよりも着脱しやすいものにしています。決っして私服がダサイわけではありません(笑)。

関さん 料理を合理的にと、野菜や肉類などの食材を使いやすい量に小分けして冷凍しています。

板井さん 美味礼讃。圧力鍋万歳(笑)。趣味の料理に時短で大いに貢献してくれてます。

-仕事モードにスイッチが入る「〇〇」、仕事において大切にしていることは。

松原さん 毎朝の掃除とブラックコーヒー。患者さんにとって最後のセラピストになる事を目標に、自然体で先入観を持たず接する。体調不良や痛みなど来院される方の不安を少しでもやわらげられたらと思っています。

関さん こどもを幼稚園に送り届けたら、もう仕事モードです。患者様第一、笑顔をプレゼントできたら最良ですね。

板井さん 登院してマスクを着けたら仕事モード。最先端の専門知識に敏感にアンテナを張り、患者さんに100%で臨みます。

平原さん 先ずはブラックコーヒーですね。そして患者さん一人ひとりとしっかり接し、真摯に向き合うことを大切にしています。

今村さん NIVEAを腕に塗る(笑)。これで仕事モードに入り、患者さんの気持ちに寄り添います。

-趣味や夢中になっていること、好きなものは何ですか。

板井さん 趣味は料理以外、アニメ鑑賞(笑)。「メジャー2nd」はイイですね。

関さん 食べ歩きですね。特にお寿司が大好物。沖縄はやっぱりイマイチ、糸島は最高です。そして、こどもとの絵本のひとときが大切。中島みゆきの「糸」を聴くと癒されますね。

松原さん 近場の登山、全国をひとり旅しています。写真を撮るのも好きです。星新一著「ブランコの向こうで」には感銘を受けました。音楽は、ケツメイシ、秦基博、コブクロなど洋楽邦楽ジャンルを問わず何でも聴きます。

今村さん 仕事のためにジムで筋トレ(笑)。体力大事です。アーティストはBIGBANGが好きで、よく聴いています。

平原さん 川海かまわず釣りが好きです。最近は志賀島で釣りました。自然につつまれる感覚がイイです。好きなアーティストはONE OK ROCKです。将来はボリビア、ウユニ塩湖に行ってみたいですね。釣りはできない湖ですが(笑)。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【必須】

ページ上部へ戻る