online pharmacy without script

offtime5月号 ことばの救急箱

pdf.js_2016-05-19_18-10-54

ことばの救急箱

「ことば」の存在をより強く感じるのは
弱っているとき、何かに挑戦しているとき。
元気をもらったり、ハッとさせられたり、
そんな喜びをいつもいつも感じていたい。

◎今月号は、グラフィックデザイナー 永井一正著
『つくることば いきることば』(六耀社)より、
背筋がのびることばをお届けします。
抹消神経を刺激するものが
多くなっている。
そこに気持ち良さはあっても、
心には響かない。
自分に課題を出し続けること。
それがわたしの生きる糧になっている。
感動とは、命の輝きを感じること。
伝えることも受け取ることも、
愛や誇りといった根本的な精神を
おろそかにすると、
すべてがうわすべりになる。
生かされているという気持ちがあれば、
そのことに恩返ししたいと
思うようになる。
できるだけ低い姿勢を保っているほうが
高く飛べるような気がする。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【必須】

ページ上部へ戻る