online pharmacy without script

OffTime11月号 まちかど口福探訪

ichatch09

OffTime編集部オススメ まちかど口福探訪

福岡・北九州の見知らぬ街角。
旅人になった気分で歩いてみれば、今まで気づかなかった美味しいお店と巡り合う。
そんなささやかな外食の愉しみ。

グリル酒場 川口バル

一人でも大勢でも楽しめる、普段着の酒場
 店主の川口さんとは、9月号の口福探訪でご紹介した平尾の焼酎バー『スンクジラ』の方々と、今月号の特集でご紹介した『天草酒造』の初蒸留祭にご一緒したのがご縁である。西鉄沿線の高架下、動物のサイが目印のバルは、常連らしき人々でにぎわっているけれど、一人で呑んでいても居心地がいいのは、オープンキッチンで繰り広げられる臨場感あふれる調理風景と、店主の川口さんから醸し出される安心感によるものだろう。五島列島出身の川口さんはホテルで洋食を学んだ後、海外でも経験を積み、40歳で念願の独立を果たした。
 肉も魚も酒も納得いくものだけを置く。魚は、4軒もの魚屋から旬の魚介を仕入れるため鮮度抜群。さらに“感謝のビーフステーキ”も採算度外視。女性二人でがっつり肉を食べ、ワインを呑む光景もめずらしくない。「お客様に喜んでもらえたら、それがいちばん」。大きな体にやさしい瞳の草食動物。調理場の川口さんは、彼が好きだというサイと重なるような気がした。

%e5%b7%9d%e5%8f%a35803
%e5%b7%9d%e5%8f%a35790
%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%bc5769
%e5%b7%9d%e5%8f%a35774
一皿料理は350円、450円、650円、850円にグループ分けされていて単純明快。「海の幸沢山アヒージョ」(850円)にはサイラーのパンが付く。鉄板で火を入れたあと、グリルで香ばしさを出す「感謝のビーフステーキ」(200g:1,100円、300g:1,600円、400g:2,200円、500g:3,000円)は、大人気。ほかに「肉玉お好み焼き」(850円)やピザもおすすめ。焼酎「池の露シリーズ・天草酒造」(各480円)。すべて税別。
グリル酒場 川口バル
Add/福岡市中央区平尾2-3-6・1階
Tel/092-406-3875
Open/17:30〜翌3:00位
Closed/主に日曜日、不定
HP/chttp://seikeitsai.jp/

%e5%b7%9d%e5%8f%a35765

Q あなたの Off Timeは?
A 家族と美味しいものを食べる(店主)。

AUTHENTIC LIVING BUTCHER NYC KEGO

最高ランクの熟成肉とワインで特別な美食体験を
 今や定番となりつつある熟成肉。その先駆けとして業界をリードしてきた『BUTCHER』のフラッグシップとして誕生したこちら。サーロインとフィレの両方を楽しめるプライムグレードのTボーンステーキは、平尾店、天神店では味わえない最高級のスペシャルな味わいだ。熟成肉は、約一ヶ月間の熟成中に生まれる酵素でタンパク質を分解することにより、アミノ酸が増え、旨味が増す。温度や湿度を管理した冷蔵庫には、甘くて香ばしいナッツ香を放つブロック肉が大切に保管されている。焼き方にもひと工夫あるという。炭火で焼いたり休ませたりすること約1時間。最後に強火で仕上げると、中はジューシなレア、外側はカリッとした熟成肉のできあがりというわけだ。
 ソムリエの西谷さんが選ぶワインは、自然派がメイン。アメリカやオーストラリアなどのしっかりとした味わいは、熟成肉のジューシーな肉質ともぴったり。個室での接待にも最適の高級感を持ちながらも、気のおけない同僚や友人とのパーティにも活用できる優雅な一軒である。

%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%bc0776
%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%b3
%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%bc8367
%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%ab3
メインがTボーンの「CHEF’S SELECTION
COURSE」(10,000円)、「Tボーンステーキ」(2名12,000円〜)「九州産自然栽培野菜のサラダ」(1,300円)、「ブラックアンガス牛の熟成ハンバーグランチ」(2,800円・税込)など多数。ボトルワインは6,000円〜、グラス1,000円〜。ランチ以外、すべて税別。 
AUTHENTIC LIVING BUTCHER NYC KEGO
(オーセンティックリビングブッチャーNYC 警固)

Add/福岡市中央区警固3-15-6 Tel/092-735-7766
Open/11:30〜O.S13:30、17:30〜O.S22:00 
Closed/無休

%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%bc%e5%a4%96%e8%a6%b3

Q あなたの Off Timeは?
A ランニング(ソムリエ西谷さん)。

古道具喫茶あいろく

時の流れにくるまれて、お茶するひととき
 抹茶好きの友人に連れられ、『あいろく』へ。木の扉を開くと、昭和の古道具や書物などが並ぶ空間に紛れ込むように、若い人たちが本を片手に寛いでいた。エアコンがないので、夏は扇風機、冬は昭和30〜40年代の電気ストーブ。温かい飲み物や冷たい甘味がこれほどありがたく感じられるしつらえはない。
 畳敷きの小上がり席で、店主の合六敢さん自ら手網焙煎した珈琲や抹茶、くずもちなどをいただいた。昭和の時代に心ひかれたきっかけは、漫画「はだしのゲン」と話す合六さんは、どこか主人公のゲンにも似て、目鼻立ちに野性味と意志の強さがただよう。写真いいですか? とカメラを向けると、「店内はいいですけど、僕は苦手で」と両腕ですばやくガードされた。そんな実直な合六さんの珈琲は、ブラジル・トミオフクダなど良質な生豆と真摯に向き合っているからだろう。懐かしい時の流れに寄りそう、深みと厚みがある。黙って一口すするだけで、古いものたちのにぎやかなお喋りが聞こえてくるようである。

%e3%81%82%e3%81%84%e3%82%8d%e3%81%8f2021
%e3%81%82%e3%81%84%e3%82%8d%e3%81%8f2023
%e3%81%82%e3%81%84%e3%82%8d%e3%81%8f2033
airoku
%e3%81%82%e3%81%84%e3%82%8d%e3%81%8f2051
「珈琲」(500円)、「できたてくずもち」(300円)、「自家製プリン」(300円)などメニューはシンプル。子供はら薬、子供トンプクなど昔の薬を発見、なんとも愛らしいパッケージ! ともかく店内は不思議なものがたくさんでキョロキョロしてしまう。合六さん自作のけしごむはんこも販売中。すべて税込。
古道具喫茶あいろく
Add/北九州市八幡東区春の町5-2-3
Tel/090-5936-8344
Open/11:00頃〜19:00頃
Closed/不定

%e3%81%82%e3%81%84%e3%82%8d%e3%81%8f2019

Q あなたの Off Timeは?
A 家族や猫とくつろぐ(店主)。

地魚屋台ごっつぁん

1個100円から楽しめる天ぷらで乾杯!
 玄界灘の幸と地酒を存分に楽しむ大衆酒場を求め、やってきたは小倉駅の北口。いわゆる裏口といわれるエリアの路地を散策していたら、何やらにぎやかな提灯と人の活気が目に入り、吸い寄せられるように立ち止まった。団体客も多いが、カウンターには一人客もちらほら。威勢のいい店員さんの笑顔につい店に入り、ホッピーを注文したら、急にお腹がすいてきた。ナニナニ? 一個100円のアツアツ天ぷら(季節によって20種類超が並ぶ)が名物らしい。メニューからいくつか選んで注文表に書いて、待つこと数分。玄界灘で獲れた旬の地魚がプリッと揚がってやってきた。ホッピーを呑んではかじりしていたら、ひとりでも楽しい気持ちになってくるのだから、やっぱり大衆酒場って偉大である。ネタはすべて近海または九州一円から仕入れるだけあって、値段もかわいいが鮮度がいい。2階の部屋では宴会もできるそうだから使い勝手もよい。何よりもここで呑んでいる誰もが幸せそうな顔をしている、それがいちばんの肴になる。

%e3%81%93%e3%82%99%e3%81%a3%e3%81%a4%e3%81%82%e3%82%935171
%e3%81%93%e3%82%99%e3%81%a3%e3%81%a4%e3%81%82%e3%82%935161
%e3%81%93%e3%82%99%e3%81%a3%e3%81%a4%e3%81%82%e3%82%935167
%e3%81%93%e3%82%99%e3%81%a3%e3%81%a4%e3%81%82%e3%82%935176
天ぷら「えび」(200円)、「紅しょうが2コ」(100円)、「一本穴子」(300円)、「かしわ天」(150円)、れんこん「100円」など多数。刺身は「本日6点盛り」(2,380円)など。天ぷらは「ホッピ−白セット」(380円)とも好相性。ほかにも「漁師のあら炊き」(650円)、「フグの唐揚げ」(650円)なども人気。すべて税別。
地魚屋台ごっつぁん
Add/北九州市小倉北区浅野2-9-22・1階
Tel/093-522-9533
Open/16:00〜O.S23:00
Closed/日曜日

%e3%81%93%e3%82%99%e3%81%a3%e3%81%a4%e3%81%82%e3%82%935184

Q あなたの Off Timeは?
A 呑み&食べ歩き(店長)。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【必須】

ページ上部へ戻る